個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

個人投資家で儲かっている人は1割と言われています。個人で投資に勝つのは不可能ではありません。このサイトで勝つ方法を書いていきます。

The best way to Success

アフィリエイトだけでなく株式講座も

個人が勝つための株式講座36 今は本当にバブルなのか?89年と比較検証

こんにちは、mymykenshinです。今日の見出しは、

日経平均27年ぶり高値 動き始めた「出遅れ組」 
証券部 大西康平

となっています。株高は喜ばしいのですが、本当に27年ぶりのバブル?

検証していきましょう。

PR

 

①日経平均は定期的な入替えがある

日経平均の算出はここで解説しました

個人が勝つための株式講座16 日経平均株価とトピックスとは? - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

 

そこで解説しましたが、以下の数株が非常に大きな影響力を持っていました。

ファーストリレティリング 8.97% ソフトバンク 4.96% ファナック3.44%

が御三家です。

そして日経平均採用 ファーストリテ 2005年 ソフトバンク2004年 ファナック2000年

 

27年前には採用されていない企業ばかり。さらに2000年には38社、2001年には13社入れ替わっています。

日経平均株価 - Wikipedia

だから27年前の日経平均と今とは全く連動性がなく、比較しても何の意味がないことになります。

 

なんで、そんな意味がないことで比較するかというと、日経平均が馴染みがあるからです。今のトピックスがいくらですか?って1800Pぐらいかなって答えられる人って何パーセントいます? ほとんどいないですよね。

それと比較すると、日経平均なら答えられる人がだいぶ増える。

 

そういったことで、27年ぶりということに何の意味がないとわかっていつつ「おめでとう」って言えるのが、本物の投資家ということになります。

そして「27年ぶりのバブルなんだから買えるわけないだろう」と偉そうにいう奴がいたら心の中で「バーカバーカ」と言いましょう(^^)。

 

PR

 

②超絶バブル期の1989年12月期と比較しましょう。

 こういう古いデータを探すのは大変なのですが。

89年度 東証1部の売上高合計は、419.8兆円 当期純利益は10.1兆円だそうです。

そして時価総額合計は591兆円だそうです。

そして2018年度は

東証一部の時価総額合計2018年9月末で671兆円です。全産業で701兆円。

上場企業全部でしかデータがとれなかったのですが、売上695兆円 当期純利益38兆円。この9割以上が東証一部で稼いでいると考えてよいでしょう。

 

こうしてみると、売上、利益ともに89年度を大きく上回っているのに対し、時価総額はあまり変わりません。

これを見る限り、89年のバブルには、程遠いことがわかります。

また89年当時を知る人間からすると、今の世の中と当時では浮かれ具合が全く違うことから、27年ぶりの高値って言われても???

なのは至極当然のことといえます。

私は日本株は、まだバリューの領域で、割高に恐怖した世界のマネーが日本に来ると思っています。

③まとめ

まだ日本株は、それほど割高ではないでしょう。ですが、どこまで上がるかは神のみぞ知るといったところ。

基本は成長株を買いあさりつつ、危ないと思ったり、株安の季節には

ポジション調整してやりすごすことになりそう。

とにかく、新聞の見出しには踊らされず、自分で分析することが非常に大切になります。

最後にトピックスの30年の動きを掲載しておきます。

 いろいろ感じてください。

株価指数ヒストリカルグラフ | 日本取引所グループ

f:id:mymykenshin:20181001213505p:plain

 

 

株式投資に楽天マガジンを超絶推奨する理由↓

個人が勝つための株式講座33 株に勝ちたければ情報投資しましょう。 - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

www.wininvest777.net

 

 ※よかったらポチお願いします。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村