個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

個人投資家で儲かっている人は1割と言われています。個人で投資に勝つのは不可能ではありません。このサイトで勝つ方法を書いていきます。

The best way to Success

アフィリエイトだけでなく株式講座も

個人が勝つための株式講座46講 株式投資で勝てる人になるために参考まで

こんにちは、mymykenshinです。私は2000年から株式投資をやっていまして。でも18年間ずっとやっていたかというと、休んでいる時間も長かったのです。でもアベノミクスからは、ずっとやっています。

それで、2015年夏に大きく負けました。それまでの15年間で何度も負けましたが、2015年の負けっぷりは半端なかったです。そこから、ありえない努力をして、復活して、毎月連勝できるように。

そして自分でも「なんで、こんなに勝てるんだろう」ってぐらい勝っています。

2015年から今までのことを書いていきますので、そこから何かヒントが得られるかもしれませんね。

 

PR

 

個人が勝つための株式講座 目次、サイトの趣旨 - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

 

 

①2015年の夏の悪夢

私は安倍首相が誕生するちょっと前(2012年12月)から株を再開しました。その前はライブドアショック(2006年1月)で、一時的に追証になってやめた記憶があります。

6年以上やめていた計算になりますね。おかげさまで、リーマンショックも震災にも株価の下げをみないですみました。

 

2013年は4689 ヤフーを中心に取引していました。あのときは全般的に上がっていましたが、ヤフーも結構上がりました。1年弱で2倍ぐらいにはなりました。

ですが、そのあと2014年は、消費税増税でみずほ銀行や丸紅買って、結構失敗。

2015年は前半結構調子よかったのです。2014年の負けも取り返して。

いつのまにか投資額も膨らませて勝負していました。投資額は家族の貯金も含まれていました。それが、とんでもないことになろうとは露知らず。

 

2015年夏前から1570 NF日経レバレッジETF

という存在をしりました。野村が作ったお化けファンドで、日経平均の動きの2倍になるように設計されたETFです。

これが、アベノミクスで爆上げしていまして、3000円から4000円程度の株価が18830円まで上がりました。

私はアベノミクス信奉者でしたし、まだまだバブルに程遠いと思っていたので1570を全力で買っていました。

現物で1570買って、さらに信用買いでも1570を買って。

いわゆる絶対にやってはいけない「2階建て」というやつです。

ふつう指数は暴落しないものだし、絶対に上がると、なぜか信じていました。

 

2015年夏に、中国が元の大幅な切り下げをしてきました。当時の元は中国政府が実質的にレート決める形だったのですが、元安にかじを切ってきたのです。

私は「そんなの大したことないだろう」って思っていたのです。元安なら、中国経済ますます活況と。

ところが世界は「中国がとうとうおかしくなってきた」と捉えたのです。気持ちは急速にリスクオフ→株価暴落→円高→日本株暴落

という、おそろしい状況に。

そのとき私は、なんと家族で伊豆諸島の島に海水浴だったのです。

自分でもパニックに陥って、しまいました。

日付 始値 高値 安値 終値 出来高 調整後終値*
2015年8月26日 13,470 14,400 13,270 14,290 33,259,915 14,290
2015年8月25日 13,800 15,060 13,340 13,500 45,909,190 13,500
2015年8月24日 15,490 15,550 14,530 14,700 29,710,973 14,700
2015年8月21日 16,520 16,570 16,100 16,140 19,779,299 16,140
2015年8月20日 17,400 17,500 17,120 17,140 10,392,550 17,140
2015年8月19日 17,890 17,970 17,420 17,450 10,248,719 17,450

これが、そのときの状況ですが、ざっくり17500→13500まで23%下がったのですが。

それだけでもすごいのですが、信用買いで資産の3倍を買っていましたので、69%を失いという結果になったのです。

 

夏休みの旅行中の4日間にですよ。もちろん家族に言えず、悟られないように心の中で「どないしよ~」って感じです。

とりあえず、旅行から帰って、適当にリバウンドしたところで売りました。

 

あまりのショックに仕事も手につかなくて。苦しくて妻に言おうかどうか悩んで言えずにいました。

くよくよしても仕方ない。「株の負けは株で取り返すしかない」

と9月も相場をやることに。

ところが、これだけ暴落すると市場が壊れてしまって、すごい乱高下するのです。

株を買うと、暴落してしまい、空売りすると暴騰するという悪循環にはまり、あってはならないことに9月も大幅に負けてしまったのです。

そして資産は6分の1になってしまいました。

②まずは空売りを教えてもらった。

もはや、自分ではメンタルがやられてしまって。そこで、ヤフーの掲示板で、すごそうな人に教えてほしいとお願いしました。

私は、これで人を見る目があります。後でわかったのですが、その人は、凄腕の元ファンドマネージャーでした。

銘柄は8202 ラオックスです。私は経営財務のプロなので、その人から徹底的にラオックスの決算分析するように言われました。

当時、ラオックスはインバウンドの頂点から暴落する真っただ中だったのです。

言われるとおりに決算分析して、次から次へと決算発表の内容を的中させましたし、その方と一緒にラオックスのお店を回って客の入りをチェックしました。

結果的にラオックスは相当暴落するという予想結果が出て、空売りは大成功でした。

空売りをあまりしてこなかった私に大きな武器が手に入りました。

PR

 

③私の経済分析は小学生低学年

当時、その元ファンマネの方から言われたのは「mymykenshinさんの経済動向分析は、ヘッジファンドから見ると小学生レベルで、このままでは勝てない」と。

そこからスパルタの特訓が始まり、一つ一つのニュースの裏側に「なんでこうなっているか説明しろ」とか。「今日の日経平均のい動きを説明しろとか」

無数のお題をいただきました。

最初は、ほとんど、すっとんきょな答えをしていました。

今から見ると笑ってしまうレベルです。

1年以上続けていると、日経新聞の報道の遅すぎると言える程度になり、そして今があるのです。

PR

 

④壮絶な踏み上げを経験

ラオックスの空売りで成功し、そのあとも東芝の空売りを成功させたりと、師匠とその仲間たち4人ぐらいで、楽しい相場生活をしていたのです。

連絡は、ほぼすべてメール。ところが、とある銘柄で事件が起きました。師匠ご推薦の空売り推奨銘柄で壮絶な踏み上げが起こったのです。

1年間ぐらいで、結構取り戻していて、これなら後数か月で元に戻るかなってときでしたが。

その踏み上げロスで、また元に戻ってしまいました。

正直めちゃショックでした。その事件がきっかけで、師匠はあまり連絡をとってくれなくなりました。

みんな結構な損をだしましたが、それは年間の利益がふっとぶぐらいのもので、破滅とかではないのですが、多分、私たちが彼に頼りきっていたから。このままだと、相場師として成長しないだろうということで去っていったのだと思います。

2016年5月のことです。

※今はたまーーーに、ヤフーの掲示板で交流があるくらいです。

 

仲間も一人減り、2人減り。そして今の相棒だけが残っているのです。

⑤トランプ相場で覚醒

そこからトランプの大統領選の2016年11月8日に大きな転機が訪れます。私は、あの日、円が100円まで急降下するなか、日経の下げ止まりを確認して買いまくったのです。

選挙に入るまではノーポジでした。

結果は、率として大勝利でした。なんで買ったかというと、「トランプが大統領になったら世界が終わる」って感じでパニックになっていたからです。

私も当時「トランプはありえない」と思っていましたが、パニックになっているのを横目に「終わるわけないよな」って。

それが買った理由。結果はもちろん大成功。

そのとき本当に 「人の行く裏に道あり 花の山」

の意味を知ったのです。

たぶん、その瞬間に自分の中に残っていた「常識的な思考」が完全に壊れたのだと思います。

⑥その後

何度か書いていますが、負けた月は2か月しかありません。それも個人的にいろいろ大変だったときです

3年前の負け分も今年度で回復しました。

その瞬間に重かった3年間が急に軽くなって、利益の積み上げ方が、すごいことになっています。

3年間で何が変わったか。すべてが変わりましたが。

 

まずは株式トレードでドキドキがなくなり平常心で臨んでいますね。まだ完璧ではないですが。昔みたいにはしゃいだり、落ち込んだりはなくなりました。

 

トレードで、悪いときはこうすると、必ず決めている。その通りにするだけです。利益のときは「お~上がった上がった」って感じで気が楽なので問題ないですね。

 

経済情勢の解説は日経の記者よりははるかに上のレベルだと思います。これは練習のたまもの。

そして最近の一番のヒットは四季報読破ですよね。1年ぐらい前から読んでいますが、最近は下の本でポイントが絞られています。

3600社の中から自分のえりすぐりの企業10社で勝負しているので確率は高いですし、暴騰ばっかりです。

正直今は負ける気がしない

 

考えてみたら、3年間で無数の決算書みて、楽天マガジンで無数の経済書籍を読んで、

「次はこうなるかな」って予測して、結果を比較して。

そんなこと、ずっとやっていたように思えます。

そして、これが私の常勝パターンとなったのです。

正直、みなさんが私のレベルに到達するのは厳しいかもしれません。でも私はトランプから2年間で10倍にしていますが、そこまで求めなければ、十分に達成可能だと思います。

ぶっちゃけ地獄を見ないと、ここまで頑張れなかったと思う。

私の頭の中は一応全部講座に書いていくつもりなので、1から読んで頑張ってくださいね。 

大変と言えば死ぬほど大変ですが、修得すれば100万円が1億円も夢じゃないはずで、近い将来、私がそれを実現させる予定です。1億円儲けるのが楽じゃないことは小学生でもわかるかと思います。

 

↓これもよろしく

個人が勝つための株式講座20 超オススメ書籍と四季報の使いこなし - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

 

↓これも絶対大切

 

株式投資に楽天マガジンを超絶推奨する理由↓

個人が勝つための株式講座33 株に勝ちたければ情報投資しましょう。 - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

www.wininvest777.net

 

 ※よかったらポチお願いします。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村