個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

個人投資家で儲かっている人は1割と言われています。個人で投資に勝つのは不可能ではありません。このサイトで勝つ方法を書いていきます。

The best way to Success

アフィリエイトだけでなく株式講座も

個人が勝つための株式講座62講 大きなイベントリスクは避ける

こんにちは、mymykenshinです。アメリカの中間選挙の結果が出ました。

なかなか待ち遠しかったですね。

結果は上院が共和党、下院は民主党。ねじれ現象になりました。そして相場は想定内の内容となりイベントリスクを通過したことで落ち着いたものになりました。

過去の重大な選挙と今回の選挙を比較して、今後の投資戦略のあり方を考えていきましょう。

PR

 

個人が勝つための株式講座 目次、サイトの趣旨 - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

 

①過去の重大な選挙

2016年6月23日 ブレグジットのイギリス国民投票 結果 イギリスのEU離脱へ 

2016年2月に当時のカメロン首相が、自己の政権基盤強化のためにイギリスのEU離脱に関する国民投票の実施を宣言し、これが世紀の大ごとになり、超僅差でイギリスはEU離脱となりました。

欧州連合からのイギリス脱退 - Wikipedia

このときの相場は、よく覚えています。EU残留の方向で進んでいたけど、予断は許さない状況でした。ですが実際は、おいおいイギリスEU離脱かよ、世界はどうなるんだよ。EU離脱続出か?

などパニックになりました。イギリスのEU離脱なんて誰も影響は予測できません。こういうときに株式市場はパニックになります。

円はリスクオフで超円高に。株は急降下です。とりあえず売っておけってわけです。

そして翌日に気付くわけです。「別にEU離脱したからって、次の日はいつもと何も変わらない」ことに。そうすると、すごい買い戻しが起こるのです。

2016年11月8日 アメリカ大統領選挙 トランプ大統領誕生へ

ブレグジットの次の激震はアメリカの大統領選挙でした。最初はトランプって得体のしれない奴が共和党の代表になりそう。人種差別、性的発言、超保護主義等今までの大統領と比較しても品格の意味で圧倒的に低い大統領候補でした。

なんといってもクリントンが一回のセクハラ?浮気?で辞任に追い込まれたことを見ても、こんな奴が大統領になって弾劾されないわけがないというものでした。

 

この日もよく覚えています。昼ぐらいにトランプ勝利がわかってくると円高にガツーンと振れて株価急降下。再び、この世の終わり状態です。

この講座でも、何度か書いていますが、私は、その日の場が閉まる15時前に買いまくって儲かりましたし、相場師と成長することができました。

 

その後のトランプは面白かった。世界はどうなるんだろうという雰囲気をよそに、「トランプって意外に良い奴だよね」ってことになるのです。

たとえていうなら、掃除当番を毎日さぼっていた素行の悪い生徒が、たまに掃除をやると、「意外とちゃんとやるんだな」ってポジティブポイントがつくような。

逆に毎日ちゃんとやっている生徒がサボルと「なんで今日サボったんだ」って言われるような。

それ依頼、私はトランプ=ジャイアンと見ることにしています。

ドナルド・トランプ - Wikipedia

そして世界は、2つの大きな選挙が、すぐに世の中にパニックが起こらないことを学習し、例えば北朝鮮がミサイル飛ばしたぐらいで株価が下がった時には買うという方向性(リスクオフの急落は買い)に突き進んでいきます。2017年はとても平穏な相場でした。

PR

 

②今回の選挙

2018年から相場は荒れ模様となっていますが、だんだん下がる方向性がイベントではなく、ファンダメンタルズによる調整となってきました。

この講座を読んでいる人にはわかると思いますが、ファンダメンタルズはある日急に悪くなるものではありません。半年前からジワジワ来るものです。

2018年は、ある日突然、それが下がりだして、それがかなりしつこく深く下がるのです。

ちょっと質が変わったことに注意です。

 

今回は上がると言われた10月後半相場で、なぜか下がりまくりのオンパレード。そして中間選挙に近づきました。だから待つことにしました。

 

アメリカ中間選挙なんて私も4年前は気にしていませんでした。それなら調べるだけです。

その雰囲気をようやくすると 上院は共和党 下院は民主党のねじれの構図が予想でした。それが共和党が追い上げて、もしかして下院も共和党?みたいな雰囲気で選挙に突入しました。

仮に上院も下院も民主党がとれば、上記2選挙まではいかないまでもパニックになっていたと思います。

そして上院も下院も共和党ならば、株は爆上げというシナリオです。

上院 共和党 下院 民主党なら動きなし。

 

これが事前シナリオでした。株価は戻しているとはいえ、すごく低い水準なので、最悪シナリオでなければ暴落はない。朝の投票所の様子を見て最悪シナリオはなく、もしかして最良シナリオ?って感じで、株価はどんどん上がっていきました。

 

したがって私も朝の段階で先物や1570を買ってグノシーも買いました。すぐに利益になったので先物や1570の指数連動型は、下院が民主党になっても逃げられるように逆指値をしておきました

結果的に、民主党になってもランチ代ぐらいの利益は残りました。

 

正直共和党が勝ってくれれば爆益だったので期待しましたが、12時すぎに民主党が勝利の速報が出まして、日経平均はズルズルと下がったわけです。

 

トランプ政権にすごい打撃か?といわれば、はっきりいってノーですね。だって共和党内でもトランプの施策に反対はよく起こるし、民主党もインフラ投資を餌にちらつかせるとワンワンってトランプの言うこと聞いています。

歴史的に中間選挙は現政権が負ける歴史でもあります。オバマみたいに上院も下院も落とすとえらいこっちゃですが、そうでなければ、まあまあです。

 

私にいわせると暴走をくいとめる体制になってちょうどいいんじゃないの?って感じです。

今回は、事前に買うという選択肢もあったかなと思いますが、基本は選挙がどうなるかは読めないところがありますので結果が判明してから後出しジャンケンが良いかと思います。

③まとめ

いずれにせよ、選挙前だから参加しないで見ていた人も帰ってくるので、明日からいつものペースです。

やはり安心してトレードができるのがいいですね。それとトレードしていない間に中間選挙について調べていなかった人も反省ですね。

「ねじれ 政権に打撃」って各社が報じていますが、いかにも記事が薄っぺらい。実はどうなんだということを、しっかり見ていかないと、うっかり空売りしてしまったりします。ちゃんと本質を見抜くことが大切です

 

株式投資に楽天マガジンを超絶推奨する理由↓

個人が勝つための株式講座33 株に勝ちたければ情報投資しましょう。 - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

www.wininvest777.net

 

 ※よかったらポチお願いします。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

PR