個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

個人投資家で儲かっている人は1割と言われています。個人で投資に勝つのは不可能ではありません。このサイトで勝つ方法を書いていきます。

The best way to Success

アフィリエイトだけでなく株式講座も

個人が勝つための株式講座17 時代の変革を読み取れた人が勝てる

こんにちは、mymykenshinです。講座も17になりましたね。100まで頑張って書くから。もちろん面白い記事を目指して。

少しうれしい報告。このブログの昨日のPVが238でした。ブログ立ち上げたのが8月4日。なので1ヶ月ちょっとで238って結構すごいと思うのです。

初動でこんな感じだと100まで書いたら、どんだけかなと期待しながら書いていきます。読者が、まだゼロなので、はてなブログの方はよろしくお願いします。

 

で、今日のテーマですが、私の講座を実践していただければ、負けないどころか、勝ち組に入れると思いますので、別にテンバガー(10倍になる株)を出す必要はないし、そういうのに拘ると、逆に安定性がなくなるのですが、やはり株をやる以上は大きく成長した株を利益にして自慢したいですよね(^^)

今日は、そのヒントについて書きたいと思います。

PR

 

①私が最初に出した大化け株 住友金属工業

私が株を始めたのは2000年のITバブルの崩壊の後です。ITバブル中から株というものに興味があって見てはいました。

ヤフー株が一株1億円をつけた時代でした。

当時は私もカワイイ初心者でした(^^)。高値のIT株を買おうとしても、ソフトバンクが1単位1千万円したと記憶しています。だから幸いにも買えなかった。

 

そして光通信の粉飾決算がバレて、株価が暴落、IT銘柄が雪崩をうったように暴落しました。

それは、すごかったですよ。最高値241,000円そこから、20日連続ストップ安をへて3600円まで落ちる伝説を作りました。

毎日ストップ安なので、ほとんど逃げ場はなかったと思います。多分、信用買いを目一杯して自己破産した人もいると思います。

 

だから株は怖いのは確かなのですが、あんなことは それ以来ないですし、光通信が教訓になり、3日連続ストップ安になると、4日目は値幅倍のストップ安になりますので、もう20日連続は不滅の大記録間違いないです。

 

話はかなり脱線しましたが、住友金属工業(現、新日鉄住金)について書きます。

そのころ、ソフトバンクやヤフーなどはニューエコノミー

対して、住友金属工業の旧態会社はオールドエコノミー

ってバカにされていました。そのころに、私がよく見ていたブログで住友金属を推奨していて、気になってみたのですが、株価50円でした(^^)。

1000株単位なので5万円はかかるけどね。それで発行済株式が、68億株。

 

で連結財務諸表見ると、売上が1兆3千億円、経常利益69百万円 当期純損失 51百万円(2003年)

すごいでしょ。1兆円の売上に対して利益がほぼゼロ。

 

当然、倒産の可能性が囁かれていました。ところがですね、住友金属工業って技術あったのです。シームレスパイプって継ぎ目のないパイプが得意だったのです。

 

ところが、ネットサーフィンしていたときに、これから中国需要が出てきて鉄が売れだすと、業績が跳ね上がるよ。って神サイトを見てしまったのです。

なるほどね~って、買ったのですが、4年後 売上1兆5千億円 当期純利益が2210億円になりました。そして株価は10倍になりました。

 

後でよくよく考えてみて、利益がないという観点だけで企業を見ない方がいいということです。売上が1兆3千億円あるという事実です。当時は市況が悪かったけど。一度利益体質になれば1千億円ぐらいの利益が出てもおかしくないでしょう。

 

そして2003年の頃はただの貧乏国の中国が躍進してきた時流の流れをつかめれば、住金相場は取れたことになります。今なら、すごく簡単に思えます。

ちなみに当時は、ひよっこだったので、100万円も儲かりませんでした(ーー;

今なら家一軒分は儲けていたな。

 

まとめると、売上高が高水準といことは価値があって、それが好転してきたら一気に動く可能性があるということです。

 

PR

 

②逃した魚は巨大すぎた ガンホー

2012年は、スマホに夢中でしたね。ところがauだったのですが、iphoneは、まだ買えず。androidで我慢の日々でした。

たしかxperiaを買っていました。それもsony-ericsonとか。そういう時代。

そのときに一番の不満だったのは、androidスマホに、ろくなゲームがなかったこと。

いいな~iphone 色々ゲームあって。ドロイドはクソゲーばっか。

 

そんなときに、うちの奥さんが聞きつけたのは、パズドラって面白いらしいよって。一気にはまりました。

始めた中では、かなり早い方だったと思います。

 

なんて会社?。ガンホーオンライン

知らない会社だな~。コナミとかじゃないんだと。

と従来のゲーム会社に固定観念にとらわれていた話。そのとき上場企業と知っていたら間違いなく買っていたのに・・・・・

 

ということで、多分私が始めたころから最高値まで数ヶ月で10倍以上になっているはずです。

一生の不覚。また家1軒分儲け損ないました(^^)

 

株式市場って何でもすぐに織り込んでいるように見えるけど、意外と時価総額の低い会社はノーマークだったりします。そして何もない会社に突如、百億円以上の利益が出たら、それは跳ねますね。

こうなると、みんな第2のガンホーでオンラインゲーム株に夢中になりますが、やはりあっという間に競争が高くなって、おもしろい大ヒットゲームは出にくくなりましたね。モンストはヒットしたけど。

もうダメですね。パズドラは、当時だったからヒットしたのだと思います。今おもしろいと思わない。

 

思うに大化け株って、道端の石ころにダイヤが混じっているようなもんだと思うんだよね。それをダイヤだと思うかどうか。ほとんどの人は素通り。

そして四季報中には必ずダイヤモンドがいるのです。だって毎年何倍の銘柄が確実にいるんですから。

あとはダイヤモンドが見つかる感性があるかどうか。ですね。

 

③時代が大きく動きとき、株価も大きく動く

住友金属工業は中国が台頭するから大きく伸びました。ですが栄華は続かなくなって中国は鉄鋼会社をあいついで作り、ダンピングに走っています。

 

パズドラは2発目のヒットゲームが出なくて低迷しています。

 

結局、株で儲けたいなら、時代を先読みして、そこをつくしかない。そして、当てるためには、やはり四季報を最初から最後まで読むのが一番見つけやすいということになります。そしてアンテナの感度を上げていくしかありません。

 

④時代の流れについて感じてることありますか?

何もないとしたら、相当鈍いですね。私は大きな流れをいくつも掴んでいます。

まずは不動産がヤバイということです。スルガ銀行が投資家向けに販売したマンションのローンが返済不能のケースが出てきました。

 

バブルの崩壊とか、まだ大丈夫だと思いますが、そもそも人口減の国で、あんなに一杯マンション作って大丈夫なんですかね→大丈夫なわけないですよね。

多分、数年後にバブル弾ける予感がします。

 

次に人手不足ですよね。高齢化で働ける人工が減ってしまい、出産後も女性に働いてもらわないと社会が成り立ちません。

人材派遣業は大盛況ですね。そして外食チェーンは外人だらけになりましたよね。

 

さらに動かすためには、どうしますか?

コンピュータで人間の代わりをしてもらうしかありません。だから対処できるIT企業はどこかなと探してしまいます。

 

そして幸か不幸か、日本はAI、IOT、ビッグデータ解析では中国と比較して、メチャクチャ遅れています。遅れているんです勘違いしないように。

それは、どういうことを意味するかというと、必ず同じ流れが来るということです。

時間があったら中国に視察に行きたいぐらいです。上海に無人コンビニが出来たって知っています?スマホに事前登録したら、その人だけ入れて、店のものを適当にとって店から持ち出せば、自動決済。

従業員のいない牛丼屋も近いうちにできるかもよ。

 

⑤損しても集客さえすれば何とかなる時代

銘柄推奨とか、このサイトではやりません。銘柄のことを書いて、それで売買するのは自由ですが、損しても一切責任もちません。もちようがありません。

 

それが前提で話をすると、3994 マネーフォワードという会社があります。「家計簿マネーフォワード」って無料アプリがありますので使ってみてください。

売上高が4年間で10倍になっています。 4億円から今年度予測47億円。

ところが営業赤字なんです。

数年前の私なら赤字の会社なんて投資できるか!

で終わりです。

 

社長の辻さんは17.4%を出資しているベンチャーなんですが。

対応金融機関見てみると

対応金融機関一覧|家計簿アプリ「マネーフォワード」

は~?ってぐらい多いでしょ。実際に多くの銀行が出資しているんです。

つまり日本の金融機関が熱い視線で協力しているのです。

 

実際、私はここの営業と話をしていますが、社長が稼いだ金をみんなセキュリティとか次期開発に投資しちゃうんですよ。

でも、うちは銀行さんが全面的にバックアップしているので会社が危ないということは絶対にありません(もちろん真実)

 

若くてさわやかな営業です。

 

そんな会社。時価総額が890億円。こういう会社は評価が難しいですね。PERなし。

でも、仮に売上が現状の47億円から300億円に数年間でさっさと上がったとしますよね。それで、ちょっと先行投資を抑えてくれたら100億円ぐらい軽く利益出るだろうな~って思います。

仮に私の勘があたって時価総額は3000億円ぐらいあるかもな~って妄想しちゃいます。

 

正直マネーフォワードの製品は多くの上場企業が「入れる?どうする?」って悩んでいると思うのです。それぐらい面白い製品。だって経費精算に人を割かなくてもできちゃうんだもん。従業員だって、領収書をパシャッっととって、スマホで片手で20秒で経費精算できちゃう。これぞ働き方改革。

 

領収書を経理のボックスに入れて終り。今までの面倒な入力と、糊付けと、経理のうるさいチェックはなんだったんだよって感じ。領収書はタイムスタンプで電子で保管すればいい時代なのよ。

それで初期投資がかからないから、中小企業であればあるほど採用しちゃうという入れ食い状態です。

 

正直、大企業が入れるには、少々機能不足なところがあります。ネックは大企業が気にする内部統制をしっかりやらなきゃいけないっっていうことだけなんです。

 

で、人がそういうことに多大な時間を作っているんだけど。

ちょっと、よく考えてみて。なんで人間がチェックしているの?AIにやらせばいいじゃん。って、あと2年もすると気がつくと思うんだよね。

人間は欲があるから、いくらチェックしてもザルだけど、AIだったら人間の1万倍早く、正確に処理してくれる。

いやコンピュータだとセキュリティの問題が・・・AIの方が人間より抜け目ないので大丈夫です。

そんな感じですかね。

 

日本人ってマジメだから、そういう不正のチェックにありえないぐらいお金使いすぎなのです。事務職いっぱいいるでしょ。そしてそれがアメリカとありえないぐらい生産性で差がついている。

だから、そんなチェックはAIにやらせるか。やめちゃえもありだと思います。

 

それと先日仕入れた情報だけど、人不足時代と言われているけど、事務系は逆に人あまり時代だと人材派遣会社から聞きました。ほらね、時代が動いているでしょ。

 

と、マネーフォワードという会社を紹介しましたが、他にもメルカリとか、写真で写してブランド品でも中古車でも、すぐに現金になる時代でしょ。

人間の代わりAIが査定してしまう時代。

 

もしかしたら個別には損するかもしれない。でも損しても、お客とれれば、回収できる時代なんだろうなって思います。

 

それと日本の銀行はもういらないという話

toyokeizai.net

激しく同意だわ。

 

このブログだって、とてつもない時間かけて無料記事書いているけど。

仮にですよ、一日1万PVを計上するようなブログに成長したらですよ、もしかしたら1千万円ぐらいで売れるかも知れません。

売らないけどね。

 

 

PR

 

 

株式投資に楽天マガジンを超絶推奨する理由↓

個人が勝つための株式講座33 株に勝ちたければ情報投資しましょう。 - 個人投資家でも勝てる道 人の行く裏に道

www.wininvest777.net

 

 ※よかったらポチお願いします。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村